三叉神経痛(顔面神経痛)最新の記事

三叉神経痛とは


関節痛・神経痛・腰痛の方へ!コンドロイチンZS 330錠【送料無料】【第3類医薬品】

 

三叉神経痛とは痛みを顔に感じる病気です。人間の感覚には痛覚、触覚などの知覚神経がありますが、それを脳に伝える神経を三叉神経といいます。この三叉神経に痛みが起こることで、顔が痛いように感じるのが三叉神経痛です。

この症状を顔面神経痛という人もいますが、それは、正式な名称ではなく、顔面における運動神経のことを顔面神経と言います。又、顔面神経麻痺とも混同する場合がありますが、これは、顔面の神経が麻痺することから、片方の顔面筋肉がうまく動かなくなって顔が歪んでしまうような症状であり三叉神経痛とは異なります。

三叉神経痛発症の原因はいろいろな理由が考えられますが、事例として多いのが特発性三叉神経痛というもので、以前は原因がわからなかったものだったのですが、近年になって脳に原因があって発症するということがわかってきました。

帯状疱疹後三叉神経痛という症状が似たものがありますが、帯状疱疹はウイルスが引き起こす皮膚の病気で、皮膚の症状は水ぼうそうに似た小さな水ぶくれができた後にかさぶたができます。
顔の場合、三叉神経の分布に一致した皮膚の症状で、特発性三叉神経痛と同じような痛みが出る場合があるのです。群発頭痛も眼の周囲や奥に強い痛みを起こし、三叉神経痛と似ているので間違えやすいようです。

三叉神経痛(顔面神経痛)について

三叉神経痛というのは、痛みが生活の中のいろいろな動作を発端として誘発されます。例えば、洗顔したり、お化粧をしたり、ひげ剃り、歯磨きなどでも顔に痛みが走る時があります。
カテゴリー
更新履歴
三叉神経痛とは(2009年8月11日)
三叉神経痛の症状(2009年8月11日)
三叉神経痛の診断を受ける(2009年8月11日)
内服薬での治療(2009年8月11日)
手術による治療(2009年8月11日)